logo
Home

ジェノブレイカー アニメ

レイヴンとジェノブレイカー アニメ はじめてのUPです。温かい目で見てください。. 『ゾイド -ZOIDS-』に登場したジェノブレイカーの因子を培養して作られたというリーゼ専用ジェノザウラー。 機体色は青で、頭部に小型2連ビーム砲を装備、さらに脚部には濃霧と幻影を発生させる装置が搭載されている。 後にヒルツのデススティンガーに破壊される。. この辺はもとがアニメってのも影響してるのかな。.

アニメの第一作でもバトルストーリーと設定こそ異なる(デスザウラーを蘇らせる過程で 偶発的に誕生したとされている)が、物語の重要なスポットとして登場。主なパイロットとしてレイヴンが搭乗した。 二作目の/0では遺跡から発掘された機体が登場し、チーム・フーマが乗り込む。尚、ジェノザウラーは頭部形状で帝国仕様機とレイヴン仕様機を判別できるデザインとなっているが、これらアニメ二作ではレイヴン仕様のCGを使いまわしていたため、他の仕様が登場することはなかった。 三作目のフューザーズではバーサークフューラー以前のブレードの愛機だった。. 『ゾイド -ZOIDS-』から『ゾイドフューザーズ』まで登場。 なお、アニメでは両腕がワイヤーで繋がれたロケットアンカーになっているという特徴があり、これは後に発売されたゾイド格闘系ゲームでも一部反映されている。 『ゾイド -ZOIDS-』では主人公バン・フライハイトのライバルのレイヴンのセイバータイガーに代わる新たな乗機として初登場。 デスザウラーのクローニング過程で生まれた副産物的なゾイドとされる。 ジェノブレイカー アニメ プロイツェンからレイヴンに与えられてデスザウラー育成のためのゾイドコア確保に従事していたが、遂に因縁の相手であるバンと再会。その時はバン達と一緒にいたルドルフを守ろうとしたロッソ等が乗るアイアンコングの妨害で取り逃がすも、2戦目では荷電粒子砲でバンのシールドライガーを撃ち抜き、完全に破壊した。 そして3戦目、帝国首都ガイガロスへ向かうバン及びブレードライガーの前にまたしても立ちはだかり、その圧倒的な戦闘能力で追い詰めるものの、レーザーブレードで荷電粒子砲は防げるという点を突かれて荷電粒子砲発射中に口腔にレーザーブレードを突き立てられて爆散した。 第2部の『GF編』では自失状態から. アニメ設定に合わせた成形色にて帝国最強のゾイド乗りレイヴンが搭乗したジェノブレイカーを再現致しました。 &92;9,660→ 8,/12/01現在) < 現在のホビーサーチでの価格はコチラ! テレビアニメ第1作「ゾイド ジェノブレイカー アニメ -zoids-」(1999〜)にて登場。 古代ゾイド人、リーゼが生み出したジェノザウラーの亜種。レイヴンのジェノブレイカーのゾイド因子を基に作られた。オーガノイド・スペキュラーの影響のためかボディは青紫.

ジェノブレイカー編 (Amazonリンク)」攻略開始です! 「ゾイド 邪神復活! ジェノブレイカー編」は、年にトミーが発売(ウィルが開発)したゾイド育成RPG。アニメ「ゾイド-ZOIDS-」を題材にし、オリジナルストーリーだけど. 前述のアニメ版と同様にレイヴンの乗機として登場。 シャドーとの合体を前提に設計されており、高い性能を引き出す代償として一度の合体でゾイドコアは生命力を失い死んでしまうというシャドーの特性にあわせ、9個のゾイドコア搭載している。 バンのシールドライガーを大破させるも、直後に進化したブレードライガーに撃破された。. ジェノブレイカーの開発過程で生まれたジェノブレイカーのプロトタイプ機。 背部に高機動スラスター、脚部に格闘戦用の可変式ブレードが搭載され、機動性と白兵戦能力が高められている。. .

. 媒体によってはアニメ第一期に登場したレイヴンの機体をこう呼んだりもする。RSはRAVEN SPECIALというまんまな意味で、アニメではバトスト版よりも大きめに描かれるがスペックノートは丸写しの事も多い。シャドーが独断でジェノサウラーRを強化させる形で登場。かつて、バン・フライハイトのシールドライガーがジェノザウラーによって負傷させられてブレードライガーに進化したように、ブレードライガーに右腕を切り落とされた状態にて「エヴォリューションコクーン」が展開されて進化した。もっともヒルツと行動を共にするアンビエントが色々と介入したらしく、体色も影響を受けて赤くなっている。 初登場回からその破格の戦闘能力を発揮し、進化直後のレイヴンが乗っていない状態での破壊を目的とした帝国・共和国軍合同による大規模攻撃を受けても全くの無傷で、その後レイヴンとの合流の間に追撃戦を試みた両国の部隊10個師団を壊滅させ、バンのブレードライガーに圧勝、アーバインのコマンドウルフに関しては致命傷を負わせた。 その後もたった一機でバン、アーバイン、トーマを含めた両国の軍と幾度と無く交戦し、デススティンガーの横槍を受. 商品につきまして【商品名】:【ジャンク品】ゾイド ジェノブレイカー バーサークフューラー ジェノザウラー 他 計18点 まとめ売り【状 態】:中古:j(ジャンク品)【状態説明】: 画像のものが出品物の全てとなります。 Enjoy the videos and music you love, upload original content, and ジェノブレイカー アニメ share it all with friends, family, and the world on YouTube. ゾイドで質問です。①ジェノブレイカーはなぜ赤いんですか?②レイヴンの相棒シャドーは一度死んだんですよね?③レイヴンはシャドーのことを大切だと思っていますか? ④バンとフィーネレイヴンとリーゼは恋人同士ですか?⑤アーバインとキャロルはなぜキスしたんですか?⑥キャロル.

ガイロス帝国のオーガノイドシステム(OS)搭載型ゾイドジェノザウラーを更に格闘戦に特化させた機体。 背面にはロングレンジパルスレーザーライフルに代わり、特殊チタン合金で作られた巨大な盾フリーラウンドシールドと、中型ゾイドを一撃で破壊する力を持った鋏エクスブレイカー一式を装備。 大型の可変式ウィングスラスターも搭載されており、短時間の低空飛行と長距離ジャンプも可能になった。 頭部のレーザーガンは近接攻撃用のレーザーチャージングブレードに換装されているが、脚部に複数の武装を内蔵したウェポンバインダーを増設し、火力の低下を補っている。 また、背部に増設された荷電粒子コンバーターによって荷電粒子砲の出力が三割向上し、連続発射すら可能としている。スラスターとの兼用で移動中や空中での荷電粒子砲の発射も一応は可能となり、わざわざ踵の爪を降ろして地面で踏ん張る必要がなくなった(ただしパイロットには発射中に機体を安定させる高い技量が求められる)。 攻撃力・防御力・機動性においてヘリック共和国のブレードライガーを凌駕している。 ジェノブレイカー アニメ ただし、ジェノザウラーよりも更に操作性は劣悪なものと化し、現存するゾイドの中で最も扱いが難しく、エースパイロットでも乗りこなせるものはほんの一握りと言われるほど。 これらの強力無比な性能故に「魔装竜」の異名を持っている。. GF編で登場した赤いフレームのジェノザウラー。製造過程でアンビエントの因子が加えられている。 レイヴンが搭乗しジェノブレイカーへと進化した機体の他、イヴポリスに配備されていた無人仕様の機体が3機確認されている。. 〜ジェノブレイカー編〜』 アニメに登場するゾイドのカテゴリーとしてゲーム初登場 。エレミア砂漠のダンジョン砂漠の洞窟では最終ボスとなっている。 『zoids 〜白銀の獣機神ライガーゼロ〜』. アニメや漫画と違ってバトストジェノは負けることなく そのままジェノブレイカーになったからな 59: 名無し /09/08 07:49:46.

その強さは 公式の見解でもジェノブレイカーを上回ると明言 されています。 武装面も充実しており、背部に装備されたバスタークローはドリルのように高速回転し敵ゾイドを粉砕する格闘武器になるほか、クローを開きEシールドを展開することも出来ます。. ジェノブレイカー開発のきっかけは、試作ジェノザウラーとブレードライガーの戦闘であった。 osを搭載していたジェノザウラーは共和国のゾイドよりハイスペックだったが、同じくosを搭載したブレードライガーには敗北してしまった。. アニメでジェノブレイカー相手に幻影投影装置を使って ブレードライガー、ライトニングサイクス、ディバイソンの幻影を発生させたシーンが描かれています 斜め前と後ろから 明るめの鮮やかな青と、ジェノザウラーよりも濃い紫. ジェノブレイカー編~(GAME BOY COLOR)』の通販・TSUTAYA在庫。ゲーム内容・評価。価格・予約や発売日、おすすめ・攻略本情報。アニメ、マンガでおなじみのキャラクターが活躍するGBオリジナルストーリーRPG。フ.

株式会社ジェノスタジオ(geno studio inc) | アニメーション企画・開発・制作スタジオ、株式会社ジェノスタジオのホームページです。. 「【第13回MMD杯予選】 ZOIDS コトブキヤは、HMMゾイドシリーズの新商品としてプラモデル「EZ-034 ジェノブレイカー リパッケージVer. 『機獣新世紀ZOIDS 公式ファンブック2』に掲載された強化改造タイプ。 背部のウィングスラスターを外し、パイルバンカーユニットとジェノザウラーのロングレンジパルスレーザーライフルをそれぞれ2門搭載。エクスブレイカーは刃が片側1つづつになったものの、より大型の刃に換装されており、可動形式も横方向に改められ、左右の刃で相手を挟み込むスタイルとなった。.

アニメではジェノブレイカーはレイヴンが乗る1体しか存在しません。 バトルストーリーではその限りではありません。 いずれにせよ、ジェノブレイカーはアニメでもバトルストーリーでも強力かつ扱いが難しいゾイドとして描かれています。. ガイロス帝国が開発したティラノサウルス型完全戦闘ゾイド。 超古代のオーバーテクノロジー“オーガノイドシステム(OS)”組み込んで制作した世界初のOS搭載ゾイドであり、それによって現在使われているあらゆるゾイドを超える性能を獲得、また、頭部形状がEZ-21デスザウラーに酷似しており、文字通り“小型デスザウラー”と言うに相応しい存在となっている。 OSによって機体性能そのものが大幅に引き上げられており、高められた装甲剛性と再生力から来る強靭な防御力、より俊敏になった反応速度と運動性能と言った機動力、そして狂おしいまでの激しい闘争本能に基づいた凄まじい攻撃力が両立された機体となり、当時においては従来の同クラスのゾイドが勝つ事はまず不可能とまで言われていた。 武装も最新鋭のものを採用しており、背部には主武器である強力なパルスレーザーライフルや頭部のレーザーガンを装備する事で高い火力を有し、格闘性においてもその鋭利な牙と爪を用いた攻撃はOSで強化されたパワーやスピードと相まって絶大な威力を発揮する。 何より最強の武器は口腔内の集束荷電粒子砲で、機体そのものを砲台にして放つその威力は小型~中型ゾイドならば一瞬で消し飛び、たとえ大型ゾイドでさえもまともに食らえば致命的なダメージは免れないほどのものを誇っている。 ただし、発射の際には脚部をアンカーで固定せねばならないため、エネルギー充填中および発射中には動く事が出来ず、撃てる方向は一方のみになっている。 発射後は尻尾に展開した放熱フィンから余剰熱を排出する。 このように極めて強力なゾイドであったが、OSの問題点を一番最初に露呈したのもこのゾイドであり、OSによってコアの性質そのものが凶暴化しているため操縦性が極端に悪くなっており、一部の実力派パイロットでなければ乗りこなせない上に、その凶暴化したゾイドの闘争本能がパイロットの精神にも悪影響を与える事など様々な弊害が出るようになり、このジェノザウラーのパイロットは心身ともに大きな負担を強いられてしまう事となってしまう。 そのため、量産を行うにはOSのレベルを引き下げる他なかったが、それでも操縦性と量産性はあまり改善されず、こちらも少数がある程度生産されるにとどまっている。 登場当初は同じくOSが組み込まれたEZ-27レブラプターと共に従来のゾイドの在り方を変える存在として帝国軍. ジェノブレイカーが本気モードになったらこれが根元から180°ほど前に回転するのよね。 んで、ここからが重要なんだけど、このジェノブレイカーはなんと・・・ 角の刃の向きが逆 ・・・なんですよ。ええ。.

ZAC2100年ロールアウト。帝国技術部が古代遺跡より入手したOSを組み込んで開発した実験機として初登場。 今後の主力ゾイドの座を巡ってリッツ・ルンシュテッド中尉をテストパイロットにして既存機種の改良系ゾイドとの模擬戦に挑み、結果はジェノザウラーの完全圧勝に終わり、そのままこの第1号機が実戦配備された。 その後は西エウロペ大陸になる新たな遺跡の制圧のためレブラプター部隊を率いて進軍、侵攻を阻止しようとした共和国軍1個大隊を蹴散らして遺跡へと侵入を果たし、そこで未知のゾイドコアらしき物体を発見する。 しかし、そこに遅れてやってきたアーサー・ボーグマン操縦のブレードライガーが現れた事で両機はそのゾイドコアを巡って交戦、ジェノザウラーはブレードライガーの高い格闘戦能力により苦戦を強いられるものの、謎のゾイドコアの奪取には成功しそのまま逃走した。 この時の戦闘データからジェノザウラーではブレードライガーの特化された格闘能力に対して遅れを取ってしまうという欠点が発覚し、リッツ機はジェノブレイカーへと改造される事になる。 それ以降はOSのレベルを引き下げた量産型および改造機が一部の戦線で見ら. アニメ設定に合わせた成形色にて帝国最強のゾイド乗り“レイヴン”が搭乗したジェノブレイカーを「ジェノブレイカー レイヴン仕様」として商品化。「フリーラウンドシールド」は一部塗装済み。更に、オーガノイド「シャドーのゾイドコア融合体」が完全新規造型の塗装済みフィギュアと. 「1円~ ジャンク 組立済 コトブキヤ ゾイド ez-034 1/72 ジェノブレイカー レイヴン仕様」が48件の入札で7,750円、「ゾイド ジェノブレイカー 一応ジャンク 同梱不可」が42件の入札で2,800円、「未組立品 ジェノブレイカー レイヴン仕様 ブレードライガー バン.